日々のできごと

新年明けましておめでとうございます。穏やかで豊かな2022年のはじまり~

2022年 あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は素敵な方々と、素敵なシチュエーションで演奏する機会に恵まれて、本当にありがたい年でした。

ともに奏でて下さった皆様
場所や機会を提供下さった皆様
そして、聴いて下さった皆様
この場を借りて、御礼申し上げます。

寅年の今年、私は年女です。
そして空亡(大殺界)明けでもあります。

演奏活動を始めたのは、ちょうど前回の寅年でした。思えば、18年前に関西へ来て、親も親戚もいない環境で出産と子育てに明け暮れた7年間の後、3年間の大殺界が明けると同時に占星術では木星が自分の出生図の天頂に来る2010年に開始すると決めたのでした。

なので今年は一回り。節目の年でもある氣がします。

2010年活動開始のきっかけとなった平城遷都1300年記念祭でのステージ

昨年も、楽しい事や豊かな事に恵まれた年でもありましたが、自分としては大きく変わった点がありました。

それまでの、男性性の強い、力を入れたやり方から、できるだけ力をゆるめて無理のない風に切り替えていった事でした。

また、昨年は、深いところからの毒出しも多かった。これについては、自己の内面の探求がいよいよ深いところまで到達してきた甲斐もあっての事で、現実生活でずっと悩んできた事の根っこ(原因)がはっきりとわかってきました。深い過去生のトラウマも多かったのですが、内観とクリアリング(浄化)を地道に進めてきた結果が実ってきたと感じています。これは精神ではなく肉体面でも言える事で、浄化が進むにつれ身体も軽くなるのを実感しました。やはり氣と身体と心は繋がっているのだと、改めて、一層深いレベルで認識できました。

今年は、世界的には昨年の残像がまだちらついているとは言え、重いものはいよいよ一掃され、新しい芽が吹き出してくる一年と思います。新しい世界はまだ始まったばかりで、安定していないので表面的にはそう見えないかもしれませんが、それぞれが自分のうちに創造していくものと思います。

私個人的には、今年は流れはこのままで、さらにあたたかくて穏やかな世界を、自分と、自分の周りに作っていきたいと思っています。今、自分の内に育みたいものがあり、それを確かなものにしていこうと思います。

また、こちらには書いていませんでしたが、昨年は精麻でものづくりを始めた年でもありました。
きっかけは少し不思議で、『天のはからい』的な出来事がって、背中を押された様に始めた…タイミングの方が向こうからやってきた感じでした。自然と「始まった」という感覚が強かったです。

しかし、この為の時間を氣力体力を確保するのは大きな課題でした。昨年は、その為に不必要なものは切り落とし、必要なものや必要な事だけを残していった感があります。
お陰様で、何となくリズム、ペースを少しずつ掴めてきてるので、今年はもっと作成したいと思っています。

精麻については、新しく専用のオンラインショップを立ち上げる予定ですので、完成したらこちらにもお知らせいたしますね。