日々のできごと

希望と楽園がうまれた生駒山の1日

もう一週間経ってしまいましたが、やっと書きます。

3.21 春分の日の翌日
生駒ラッキーガーデンにて
素敵なアーティスト達と一緒に
それぞれ歌って奏でた

名付けて「コロナ・フェス」

新型コロナウィルスによる自粛で
次々とコンサートが中止になって
アーティストには死活問題になりかねない状態。
感じる事はそれだけではないんだけどね
皆、色々 色々 思う事がある。

そんな中、Asumiさんが奈良へ来るのをきっかけに何かやろう!という事になって。
決まったのは5日前?1週間も無い位直前で、特にスケジュールも何も決めてなかったけど
みんな直感&感覚人間だから
その場の流れに沿ってやっていった。

この集まりの呼びかけ人となった野上朝生さん&籠谷紗希さんのデュオ
松本有加ちゃんのピアノ&ボーカルに合わせて
渡会光晴さんとの「プレイアデス舞曲」

オリジナルの曲もあれば
ハワイの歌や奄美の島歌
宇宙や地球に想いを馳せる音や歌
実に様々なジャンルが繰り広げられて
皆がそれぞれ、本当に素晴らしくて
ずっと聴き入っていた。

奄美島唄のみーちゃんこと渡会美枝子さん&みーくんこと渡会光晴さんご夫婦
ハワイの歌を歌う うたうみかこさん
壮大なスケールの歌声 Asumiさん!

これが「調和」というものかも
と感じていました。

世界は これから
どんな風になるかわからない。
けど、こういう世界を創る事はできると思うのです。
勿論、色々あるだろうけど
諦めさえしなければ。

そんな事を思った 素晴らしい1日でした。

皆さん、本当にありがとう!