日々のできごと

地球を愛する音

9月14日からの数日間は、素晴らしい音楽に触れた期間でした。1回にまとめて書けるのか?という位です。

まず午前中は、サロン2階での初の瞑奏会でした。今までほとんど活用する事の無かった2階和室にようやくエアコンを取り付けて開催する事ができました。

1階のスペースとは雰囲氣が全然違い、丘や緑も見えて見晴らしが良いです。これまで開催していた三輪とも違いますね。環境的には同じくゆったりとしていますが。

この2階のスペースは、音を空間に広げていくのに向いていると感じます。ここで音を奏で響かせる事で、この辺りの土地一帯を浄化し、さらに地球全体へと響きを拡げる…。そんな意識で奏でました。

次回は10/13(日)・11/12(火)です。駅からは遠く、歩いては行けないので、電車でお越しの方は五位堂駅まで送迎しています。

さて、瞑奏会の後は、天理へ向かいました。山辺の道近くにある英国茶のカフェKURINOKIで重松荘一郎さんのピアノコンサートを聴きに行ってきました。以前からパートナーに是非聴いてほしいと言われていたので私も氣になっていましたが、この日のコンサートは何かタイミング的なものを感じていました。

演奏が始まった途端、澄んだ音が聴こえました。今までに聴いた事が無い位に、澄んだ音色でした。

風や森、水の流れ。

そんな、自然の情景を想わせる音でした。自然や地球を愛している音だとわかりました。とても純粋で、軽やかだけど深くもあり、この上無く優しいけれど力強さもある。

それらの音は、すべて地球への愛を内包している様に感じられました。演奏が始まるなり涙が溢れて止まらず、困る程でした。

そしてこれが、私のずっと目指して来た「音」だとわかりました。

地球への音。地球を愛する音。

やっと見つけた。いや、見つけるとは思わなかった。(どっち?笑)

いずれにしても、この音が、これからの私の行く方向を指してくれていると感じています。

重松さんは、国内だけでなく海外でも活躍されています。