奉納演奏

淡路島の旅①~伊弉諾神宮正式奉納

10/23・24は、セレーナマリアさん主催のリトリートで淡路島を旅してきました。言葉に表し尽くせない程ひとつひとつが濃厚で、とても素晴らしい旅でした。

初日集合の時。前日の夜から雨が降り続いて、集合時間にはほぼ止んだものの、空はどんより。しかし、お昼を食べて外へ出たら、こんな空でした。

まずは、奈良の石上神宮と縁の深い岩上神社へ参りました。

皆で響き合わせ♪
マリアさんと
富士美さんと

その後、伊弉諾神宮にて正式参拝、正式奉納でした。

後半からは、徐々に夕日が差して、神前は黄金色に染まりました。宮司様によると、夕刻の日が照る頃というのは1日で最も神々しい時間なのだそうです。奉納を見て下さった方に後から聞くと、私達もまた夕日に照らされていた様です。

宮司様と。私達、まるで古今東西の女神が集った様ではありませんか?^^

最後に、神宮で有名な「夫婦楠木」を拝みました。

実は、この夫婦楠木の導きで、この日私はここへ来ました。

伊弉諾神宮へは、ちょうど1年前の10月23日に参拝していたのです。淡路島へ行ったのも、この日が初めてでした。

きっかけはパートナーが見た夢でした。夢の中で、大きな木が迫ってきて、思わずそれに抱き着いたのだそうです。そこで目が覚めてFacebookを開いたところ、数年前に伊弉諾神宮へ正式参拝した時の記事が思い出の項目に上がってきて、この夫婦楠木に抱きついてる写真が出てきたのです。それをシェア投稿していたのを私が見て「きっと呼ばれているから行こう」と軽い氣持ちで行ったのでした。

私はというと、昨年秋に発売したCD「Atmosphere」のPVを作っている最中で、海の映像を淹れたいと思っていた矢先でした。ちょうど淡路島の海を撮れば良いと思って撮りに行ったのでした。

1分10秒あたりから出てくる海の映像が淡路島で撮った海です。

この、伊弉諾神宮へ参拝した日、途中で思いがけないトラブルがあり、結果、ちゃんと行けた名所は伊弉諾神宮だけとなってしまいました。あとは動画撮影した名もなき海沿いの道路と道の駅くらいでしょうか・・(笑)しかし今思えば、これにも意味があった様な氣がしてなりません。

そして、今回淡路島へ行くと決めてから数日後、天川大弁財天社へ参拝した折に引いた古代のお御籤には、何と、伊弉諾尊に触れた内容が記されていました。

今回の旅が単なる思いつきや、私の個人的な行きたいという氣持ちではなく、導かれたものであると確信したのでした。

今回のこの、淡路島リトリートは、私に沢山のものをもたらしてくれました。神宮での奉納もそうですが、それ以上に根源へ近づく旅だったと感じます。

(続く)