クリスタルボウル

静寂とゼロポイント

29日は京橋の鶴身印刷所で、クリスタルボウルの会でした。こんな状況の中お集まり下さった皆様、どうもありがとうございました。

3名様と、昨年の夏からクリスタルボウルの会を始めて最も少ない人数だったのですが、こんな時期なのでちょうど良い位なのだろうなと思います。クリスタルボウルの会及びサロンでの満月音浴会は2名以上から開催するつもりでいるので、できる限り続けていこうと思っています。

さて、ここしばらくはずっと演奏した際、地球へ奏でるとか地球へ祈りを捧げる様な感じだったのですが、今回は「静寂」がテーマと感じました。

一旦ゼロになり無になって、己の内側の静寂を感じる…。こんな時期だからこそ、それまでは感じられなかった静けさを感じる事ができる、貴重な時間を貰えてるのかもしれませんね。

カレンダーではゴールデンウィークに突入しましたが、コロナウィルスによる緊急事態宣言で街も通りも静か。桜から新緑へと姿を変え、満開の花水木が日光に照らされて美しく輝く様に咲いている。自然は変わらず、移り変わりをありありと見せてくれる。人間の氣配が一氣に減った今、自然の美しさがいつにも増して際立っている様にも感じられます。

静寂を感じる、というのはとても大事です。いつも私達は、外側のざわつきを感じながら過ごしているから。(家にいる時間が増えると、家族と一緒の人は関わりもありますが、それでも、例年のゴールデンウィークに比べると静かな時間を持てると思います)

静かな時間を過ごす事で、必要なものとそうでないものとの見極めができてきます。今は、世の中全体がそんな時期なのでしょうね。令和の元号らしく、一旦ゼロ(零)へ還るのでしょうか。

さて、話を元に戻しますが、鶴身印刷所では今回より「クリスタルボウルの会」の後に個人セッションの枠を設ける事になりました。

追って詳細をイベントページにも載せますが、アセンディング・レゾナンスを15:30~ と16:30~ で提供させていただきます。サロンでのセッションと比べボウル等楽器の数も減りますので、イベント価格として50分 ¥10,000でさせていただきます。次回5/24では16:30~の1枠が現在空いてますので、お申し込みページより申し込んで下さいね。