日々のできごと

奇跡の様な時間

コロナで自粛続く毎日ですね。

私の方も、徐々に周りの空氣と歩調を合わせる様に、足どりもゆっくりとなり、一旦停止・静止した状態になっています。

サロン営業は、今は1日おひとり様のみの受付としています。もともと大阪からのお客様が多いので、ゆったりめの営業になっています。
演奏会に関しては、しばらく様子を見る事にしました。

そのお陰でこの数年間、氣になりながらもずっと手をつけられずにいた事にとりかかる事ができました。

幼稚園から小学校卒業まで、子ども達が描いた絵の整理です。全部の絵を写真に撮り、データ化してフォルダに収めてすっきり。絵は一学年につき2枚ほど残して保管。

ずっとずっと、やろうと思う事ができなかった。そんな氣力がどうしても出なかったのです。

なので、今は私にとって
奇跡の様な時間を過ごしています。

これまでの自分では
まるで考えられなかった事
する氣力すら湧かなかった事が
この「立ち止まる時間」の中
初めてできて、達成感とスッキリ感でいっぱいなんです。

サロンメニューの他に新しく提供できる事も浮かんではいるのですが
その前に、今は根っこから整理したい。
今だからこそできる事を。

それにしても写真は膨大な量です。
マメとは程遠い性格ゆえに
溜まったツケは大きい…(笑)

でも見るたびかわいくて、こんな頃もあったのだなとしみじみしています。

あの時の私は、今程自由じゃなかったけどね。
からだは勿論、でも
それよりも何よりも、心が自由でなかった。

端から見れば、女性として申し分無く与えられていたに違いない。けれど、それゆえに自分が見えなくなって、生きる事に迷っていた。

そんな自分も一緒に思い出すから、同時に少し胸も痛む。けれど、今の私がいるのは、あの時の自分がいたからであって、そこから大きな糧も得られているのも確かに感じていて。

もっと楽に生きられたら良かったのにね、とも正直思う訳ですが(笑)精一杯ベストを尽くしてきたよね。

今の私から写真の自分に向かって感謝を贈る事はできるから。イメージの中で、あの頃の私を抱き締めています。

なるべく手は休めずに(笑)