演奏会・イベント報告

新たなウズの流れに乗って

1/11満月の夜に開催した「ウズの芽吹き 巡るヒビキ」

私にとっては久々に、感慨深い演奏会となりました。

演奏会の次の日、胸の奥がじんわりして広がっているのを感じていました。演奏会の後にこんな感じになるのは久しぶりでした。私にとって、新しいチャレンジでもあった今回の演奏会。それだけ、自分にとって感慨深いものがあるのだと感じました。

Orange County Cafe、そしてカフェとかかわりの深い美具久留御魂神社とご縁ができてからほぼちょうど半年のタイミングで演奏会を行う運びとなりました。

1/11という日は満月だけでなく、他の天体も強烈な影響のある並びだった様で、社会の根底からの変化を後押しし、いよいよ本格的に水瓶座の時代へと切り替わるタイミングを意味している様です。勿論それは個々の中でも。

この演奏会を立ち上げる際、「アメノウズメ」と「ウズ(渦)」という言葉が浮かんでいました。新しい何かが産まれる。音の渦に乗ってアメノウズメの舞と共に、岩戸開きがされるだろうという予感でワクワク(ウズウズ?)していました。演奏会が近づくにつれて、これまでにないエネルギーの高まりも感じていました。

演奏会前に、ご神域へとご挨拶

最初に演奏している時は、地球上の豊かな自然が浮かび上がってきました。そしてその後、今現在地球で起こっている色々な事が見えてきました。イランの事や、オーストラリアの動物たち燃える大地や、人々の声、想い・・・

それに対しての想いの様なものも感じました。平和を想う・・それ以上に沸き上がる、何か言葉にならないものでした。幾つも層がある様な、簡単には言葉にできない様な。。

地球の想い? それとも宇宙からの、、?
それらがとりついた様にわたしの中へと入ってきて、それらと共に音を発していました。

「Atmosphere 」は地球に想いを馳せて作ったCDだから、そうなるのは当然かもしれません。あるお客様は、地球の「呼びかけ、叫び」と表現してくれました。確かに言葉にするとその様な感じと納得しました。

そして、演奏会直前に産まれたひろみさんの新しい名前「生ズ命」。演奏会を立ち上げる際に「アメノウズメ」と何度も浮かんだのは、この事でもあったのかもしれませんが・・

初披露の「生ズ命」の舞とともに、新たな音が沸き起こって、いつの間にか私も無になっていました。

美しい生ズ命さんの舞

最後は会場の皆さんも一緒に声を出してもらい

25人+わたしの声とクリスタルボウルの響きの渦に乗って舞う「生ズ命」

これをやりたかったのです!

楽しくて、心地よくて
あっという間で…
終わって欲しくない位でした。

何かが開かれたのか、それはわかりません(笑)でもきっと、はじまりはいつも水面下だから。私はハートがじんわりしていました。もしかしたら、一番開かれたのは私かもしれませんね(笑)

今回一緒にタッグを組んでくれ、美しく舞ってくれた 生ズ命さん。

あたたかく見守って聴いて下さった皆様、カフェの皆さん…

本当に、只々感謝です。

ありがとうございました!

念願のパンケーキとっても美味しかったです♡

CD「Atmosphere」ご購入はこちら

https://moonlotus.thebase.in/