演奏会・イベント報告

古墳と三輪山に囲まれて

15日の日曜日は、ひみこの庭での演奏会でした。

有難い事に1週間で満席、さらに予定していた定員を越えていました。地元奈良だけでなく、大阪や京都、和歌山からもいらして下さいました。自然豊かな場所ですが、電車の本数が少ないところなので電車で来られた方にはちょっとした小旅行だった様です(笑)

この日はいつもよりあたたかく、窓を開けていても爽やかな風が吹いてきて、寒さを感じない穏やかな晴れの日でした。あたたかな午後にまどろんで…皆さん心地好い時間を過ごしていただけた様でした。

今回は、CDで演奏した曲を3曲ほど演奏し、中盤で即興演奏を30分ほど、その後はクリスマスの時期にちなんで、クリスマスの曲を幾つかメドレー形式で唄い奏で、最後にミネハハさんの「天地を繋ぐ物語」を唄い奏でました。

即興演奏中には、ふと、背後にある箸墓古墳や三輪山の山頂が浮かびました。

後で、コンサートを主催して下さった大畑春華さんに、古墳も三輪山も、翡翠達や目に見えない存在達も皆、耳を澄ませて聴いてくれていた感じだった。と言って頂きました。自分は何て幸せ者なのだろうと思います。

奈良の地で培った私の音。だからCDの発売記念コンサートの第1回目は、奈良の地でやりたいと思っていました。その願いをこうして叶える事ができた事、それがこの様な素晴らしい風景に囲まれて。

ご縁って本当に有難いですね。

終わって後片付けした後の眺めが素晴らしく、いつまでも眺めていたい心地でした。

卑弥呼の墓と呼ばれる箸墓古墳。左手には三輪山、右手には遠く畝傍山や耳成山など大和三山が見える。

「大和は国のまほろば」

まさにそう思わせる情景が広がる何とも贅沢なロケーションです。

お越し下さった皆様、演奏会を開催して下さったひみこの庭の皆様、心よりありがとうございました。