日々のできごと

鬼塚聖貴さんの響きを感じて~演奏会ありがとうございました。

5/29(土)鬼塚聖貴さんを招いてコンサートさせていただきました。

鬼ちゃんと奏でる(& 歌う)事ができて、幸せでした。

自由で軽やかな感じそれだけでなく、何か…

あたたかな何かをハートや全体に感じていました。

お集まり下さった皆様、ご協力下さった皆様、本当にありがとうございました。

こんな機会を頂けて、開催できた事。

つくづく、私は幸せ者と思いました。

至らない点もあったと思いますが、お客様からあたたかく見守ってもらえた感じが嬉しくありがたく。。感謝の氣持ちでいっぱいです。

情熱のギターも、最後に聴けて嬉しい~!

夢叶いました★

鬼塚さんと出逢ったのは、昨年の3月でのライアー制作ワークでしたが、そもそも、私が鬼塚聖貴さんという人を知ったのは、3年前に遡ります。

私の、桜と一緒の写真を撮ってくれた淺田ゆみさん。(今のホームページの写真を撮影してくれた方です)ゆみさんの写真のお仕事のサイトを拝見した時、ゆみさんの過去の作品として、鬼塚さんのサイト用の写真を撮ったとの事で、鬼塚さんのホームページが出てきたのでした。

実は、それ以前から、何となくお名前と顔は知っていました。音の世界では有名な方だったと思います。なのでサイトを見かけた時、「あ、あの人だ」とサイトを見たら、ライアーの視聴があったので、聴いてみたのです。

その音が、私の今まで聴いたライアーとはまるで違う音色と感じて、衝撃を受けたのです。

「木の音色だ。木が歌ってる」

そうとしか、思えませんでした。

それから、その音色がしばらく忘れられなかったのでした。

それからしばらく月日が経って、新大阪のレインボーテイルのオーナーである、三好晴美さんとご縁ができました。そして、晴美さんと何度かお逢いして話ししているうちに、鬼塚さんの話が出てきたのです。それからまたしばらくすると、鬼塚さんのライアーをレインボーテイルでする事になったと聞いて、参加する流れになりました。

ネット越しに音を聴いただけ(その後インスタグラムでいつの間にか繋がっていたのですが、それだけでした)の、遠く離れた存在の様に感じていた人が、急に目の前に現れる事になり、しかもライアーを作る事になるとは。思いもよらない展開でした。

流れのままにライアーを制作する事になり、2、3日目の夜はボウルを持参して鬼塚さんのライアーと一緒に演奏会をして遊びました。

よかったら詳しく書かれているこちらの記事もお読みください。

演奏会のあとや、翌日も、鬼塚さんの波動や、言葉を感じて、受け取ったものが沢山ありました。

鬼ちゃんが夜遅くに話していた事。様々な木を響くライアーにして全国を回っていることは、自分の役割なのだと。

「凄いものが良い」というのではなく、「それぞれが皆素晴らしい」のだと。

その言葉が、鬼塚さんの深い部分から発せられてるのを感じ、それは私の中に沁みていきました。

次の日、再びカフェへ向かっている時、涙が出てくる程でした。

皆それぞれが素晴らしい。それは人にも言える事です。

自然は、そうやって成り立っている。

わかっている事だけど、以前はもっと表面でした理解できてなかったかもしれない。頭でわかったつもりなだけだったのかもしれません。鬼ちゃんの言葉は、自分の内側のもっと深い層へと沁みたのを感じました。

次の日は、カフェのすぐ近くにある「美具久留御魂神社」とそのご神体のお山へ案内しました。ご神体のお山の聖域で、ライアーを奏でてくれました。

その鬼ちゃんの波動を感じただけで、私は何か、自然へ還るエッセンスを受け取っていたように思います。最近は忙しすぎて、自然をもっと感じたいのに、それをする余裕を持てず枯渇していました。好きな事をして生きている筈なのに、時間や次々とやる事に追われたり、体力が足りないと感じたり。自分にとって大切な何かと、もっと太く繋がりたいと切実に感じていました。

木々や山、水など自然を感じる時間が日常の一部として溶け込んでいる・・そんな暮らしがしたいと。

2日足らずでしたが、鬼ちゃんと過ごした時間は、私の中に自然との繋がりを呼び醒ます尊い時間でした。響きが私のハートの中に残って、新しい「何か」が生まれた様に感じています。それが何か、まだ言葉ではっきり表す事はできませんが。

鬼ちゃん、どうもありがとうございます。