LotusMoon

精麻で作る「叶え結び」と満月音浴

精麻に触れる会~精麻の撚り方、編み方と二重叶結びをつくる

そして満月音浴でした。

先月も精麻の注連縄を作りましたが、作り方は従来の麻の編み方と違いました。(注連縄は編むのではなく、綯うので作り方が違うのです)今回は精麻の基本の「キ」である編む(正確には麻を撚って「産む」)事をしてから、二重叶え結びを作りました。

まず、春さんが精麻を撚って編んで見せます。

それから皆で黙々と。。集中しています。

春さんの丁寧な手ほどきで皆さんそれぞれ編んでいき、叶え結びの作り方はやや難しいので練習用の紐で何度も反芻してから本番の麻を結びました。

『結び』はどれか一点だけを強く引っ張ってしまうと結びそのものが壊れてしまうのだそうです。人間関係と同じですね。自分の思いや主張するばかりでは、周りと調和できない。かといって弱すぎてもいけなくて。皆がそれぞれ丁度よい塩梅で引きあって初めて成り立つ。お話を聴きながらそんな事を思っていました。

そして『結び』には神が宿るのだそうです。神社に持って行って一緒にお詣りしたり、お家の神棚に一旦供えると、ご縁ある神様のパワーが宿るのだそう。

今回出来上がったそれぞれの結びは、音浴の時クリスタルボウルのそばに置いてもらい音を入れました。中には、精麻や結びとの出逢いに感動し心震わす方もいらっしゃいました。

次回は2/27(土)ドリームキャッチャー作り&満月音浴です。

ドリームキャッチャーは、元はネイティブ・アメリカン(アメリカ先住民族)の「魔除け」として用いられていました。悪い夢を取り除き、良い夢だけをもたらす様、動物の皮やアキレス腱を使い祈りを込めて作られていたそうです。よい夢だけを掴みましょう♪

3/25(木)は精麻の箒作りです。精麻の箒は浄化力が強く、お部屋のドアに飾って部屋の氣を澄んだ状態に保ったり、肩を箒で祓い落として不要な氣を文字通り祓うことができます。

こちらは箒に菊結びと二重叶え結びを付けています。(結びは箒とは別になります)

会場

サロンLotusMoon ※五位堂駅より送迎可

参加費

2/27 ¥7,500

3/25 未定

※つくるものによって参加費が異なります。(使用する精麻の枚数で変わります)

定員 

2/27 6名 残2名

4月以降も、亀や菊結びなど、いろんなものを作る予定です。