演奏会・イベント報告

EARTH CARAVAN~屋久島と地球に想いを馳せる

23日のEARTH CARAVAN

屋久島のガイド、ソウルナビゲーターの鈴木洋見(ひろみ)さんが毎年開催しているアースキャラバン。冬の期間は、天ぷらカー(食用油の廃油を燃料に走る車)で全国を回っています。

そのヒロさんをお招きして、富田林のOrange County Cafe で開催させて頂きました。

この日は、急遽開催したイベントにも関わらず、20人近くのお客様がいらして下さいました。

最初は、私と生ズ命さんの場開き。
開始前に生ズ命さんと手を合わせると、屋久島の木を感じました。私は地球の裏側までに祈りを届け、地球全体を祈りの波動で包まれる奏でました。

最初は、地球の、そして地球上にある傷みや悲しみの念がやって来ました。


傷みや悲しみに包まれている地球。恐れの念が浮かび上がって毒出し・浄化光と闇が入り交じるなか、光が徐々に強まり


そして目醒めを呼ぶ鐘。


新しい地球の誕生~愛に満ちた世界。


今回奏でられたのはそんなストーリーでした。

可愛い男の子が途中から生ズ命さんと一緒に躍りだして、最後は3人の男の子達とのダンスでのハッピーエンドでした。素敵な演出をありがとう♪

その次は「Earth Trip」 美しい映像による屋久島の旅疑似体験。
その後のお話で、ヒロさんは今の地球 今の時代への大切なメッセージを沢山残してくれました。(スクリーン上映は暗かったので、写真無いのが残念)

ここで大分時間が押して、イベント予定終了時刻に近くなってしまったので、半数の方が帰る事になりましたが、その後の「Peace Circle」では、残ったのはコアなメンバーでの深い深い愛に満ちた時間となりました。

次男・仰太(こうた)とヒロさんと。
今回のイベントの発端になった
安室先生とヒロさん

今回は思い立ってから1ヶ月しかなく、本当にできるのかわからない中、とにかく進んで行きました。きっかけは、小さな会話の流れから出たインスピレーションでした。ヒロさんをこのカフェと、オーナーのKayさんや安室先生、生ズ命さんと繋げた方が良いと何故か感じ、その後はまるでパズルのピースが揃う様にいくつものタイミングがぴったりはまって実現していきました。日にちが無く多少突っ走ったかもしれません。何人もの人達の力を借りて、背中を押してもらって開催できました。

屋久島から来て下さったヒロさん、突然の開催にも関わらず、快くカフェを使わせて下さったKay さん
イベントに関わって下さった皆様
お越し下さった皆様
心より感謝です。


ありがとうございました!

Peace Circle でキーワードとなったエチオピアの司祭が祝福に使うという十字架に触発され?こちらのネックレスを手元に迎えました。一目惚れです。いつまでも眺めていたいデザインです。