演奏会・イベント報告

穏やかな初春のこと初め

1月25日(土)は
New Year Concert〜新月のこと初め〜
クリスタルボウルとピアノの響き
月光茶セレモニー

穏やかな春を思わせる日でした。

明日香村石舞台古墳すぐそばにある飛鳥ピアノサロンさんで演奏させていただきました。おかげ様でお部屋に収まらない程の超満員で、急遽縁側に席を設けた程。沢山の方にお越しいただき嬉しい限りでした。

お客様には、ピアノとクリスタルボウルの狭間に入っていただき、響きを全身で浴びていただきました。

まずは「新しい年」をテーマに、ピアノとクリスタルボウルで即興演奏をした後、ご挨拶と共に1つめのお茶のセレモニーを。芽吹きを摘み取った「銀針白毫」という岩茶が出されました。

お茶を飲んでいるところを写してもらってました(笑)

新月をテーマにした即興演奏の間には、ふたつめのお茶「月光白」(げっこうはく)が出されました。

月光白は、日の光を浴びる事なく自然の風で乾かし月が昇る頃に完成する特別な岩茶です。

お湯を沸かす音、お湯が注がれる音も音楽と一緒に混じって、心地好さを一層引き立てていました。そして、お盆に乗せられたお茶が、舟の様にお客様と音の波の間を通り抜け、お客様の手元へと届けられました。空間には月光白の花のような香りが漂いました。

今回は、星にちなんだ曲もやりました。プレイアデス舞曲では、クリスタルボウルに加えて声も合わせてみました。既存の曲で奏でる際はいつもクリスタルボウルのみの演奏でしたが、このプレイアデス舞曲では無意識に声も合わせていました。

2つめの動画では声はあまり出してないです。このプレイアデス舞曲は私個人的にとても好きになってしまったので、これからまた奏でる機会があったら嬉しいと思っています。

光晴さんとのセッションは、リズムなどの枠を越えて、感覚のみでやった方がむしろ調和したり。今回は決まりきった調子ではない曲も多く、なかなかやり甲斐があったのですが、チャレンジを乗り越えたいという欲も出て、冒険の様に楽しめました。私自身の幅も少し広かったかな?

共に奏でてくれた光晴さん、演奏会の段取りやお茶でご一緒してくれた美枝子さん、そしてこの空間を共に過ごして下さったお客様、本当にありがとうございました。遠方からの方も多く、心より感謝です。

残られたお客様とご一緒に

演奏会の後は、一部のお客様と一緒に和歌山の温泉「ゆの里」へ。お風呂に浸かったり、貸切状態のミストサウナでリラックス(笑いもした)して疲れを癒しました。新しい節目をご一緒して下さりありがとうございました!

1月ももう終わり。旧正月を経て、2020年、令和2年が動き出していますね。今年は色んな面で流れが早く密度も濃そうなので、これまで以上に一瞬一瞬を大切に生きようと思います。