クリスタルボウル

Cosmic Hemp 麻炭ボウル

思いがけず、とんでもないボウルがやって来ました。

Cosmic Hemp 麻炭ボウル。

それも、ただの麻炭ではないのです。
宮古島の野草や花から作られた有用微生物(EM)の酵素と混ぜ合わされ、宮古島の太陽と月光を浴びてエネルギーを整えられた特別な麻炭、Cosmic Hemp。

公に販売はされておらず、何と地球上に6個しかないらしい。

ボウルの下に敷くリングの代わりに
麻を編んだリング
原種の雄株と雌株を合わせたものも頂きました。

右は備長炭とアクアオーラゴールドとのミックスボウル。炭のボウルが何と2つに。

2013年にCosmic Hempの波動に衝撃を受けたクリスタルトーン社が、急遽製造した6個のボウルのひとつ。譲って下さった方の話によると、内々に製造され、麻炭に関わる人だけの元に渡ったボウルとの事。

譲ってくれた方は宮古島と東京を行き来していて、麻炭に関わり、金属製のシンギングボウル(チベタンボウル)を演奏される方でした。クリスタルボウルは、ただ1つこのCosmic Hempボウルを持っていて、長い間家族の様に大切にしていたのですが、不思議と誰かにご縁があるかも・・・と直感で思い、販売に出したのだと話してくれました。直感で必要としてくれる人の元へ渡ってほしいと強く願っていたのだそうです。

そんな希少で、大切なボウルを譲り受ける事ができ、畏れ多く感謝の氣持ちでいっぱいになりました。

Cosmic Hempボウルは、音の層が厚く、素晴らしい響き。
あたたかい響き。深い愛を感じます。
宇宙は、やはり愛なのだと確認させられます。

同時に、太古の縄文のエネルギー、大地の振動でもある。

麻はもちろんですが、「微生物」と聞いて、このボウルは地球に向けて奏でられるボウルなのだと直観しました。

本来の地球を取り戻すべく、奏でられる響き。人々が、本来の地球を想い出す為に。

地球の為に奏でると決めたから、来てくれたのか・・?

心強い盟友です。

トーンがE(ミの音)なので、10年余り連れ添ったプラチナボウル(左)と交代。とうとう私のボウルも御代替りです。

このプラチナボウルもすぐに受け入れ先が決まりました。大切な友として仲間として共にいたボウルだから、心から大切にしてくれる人の元へ行ってほしいと思っていましたが、Cosmic Hempボウル の購入を決めた翌日、本当にその通りの人の元へお嫁に行く事になりました。その人は今レッスンへ通ってくれている生徒さんですが、ハワイなど海外へよく行く方なので、プラチナボウルはきっと私よりも先にハワイへ行く事になりますね(笑)これからもまだまだ活躍します。