日々のできごと

京橋・音浴と瞑想のじかんでした。

8月になりました。毎日驚く様な暑さですね。

7月は何となく、お休みに近い程ペースダウンしていました。その代わり意識は内側の変容へと向けられていました。この7~8月はゆるやかなペースで、主に水面下で見えないエネルギーが大きく動いている感じで、秋からまた動き出す氣配がしています。子ども達も夏休みだし、今月は羽を伸ばして遊ぶ感じもありますね。仕事量もそれ程でもなく、終わりの週だけ異様に詰まってます(笑)
5月に収録した新しいCDについても、秋分の発売に向けて密かに進んでいます。今は、秋から動くのに不要なものを削ぎ落している時期でしょうか。。今までは触れられなかったであろう事が、この時期になってようやく明らかとなって根元の部分を取り組んでいる最中です。

さて、7月28日は鶴身印刷所での「音浴と瞑想のじかん」でした。声をチャクラに響かせるトーニング瞑想を体感していただいてから、ゴロンと横になって45分あまりの間、音の波に身も心も委ねてもらいました。

ここは本当に響きのよい場所なので、リラックスもひとしおだったと思います。

演奏後はどういう訳か、私のクリスタルボウルとの出逢いの話に。そういえばつい先日もレッスンでそんな話になりました。

私がクリスタルボウルと出逢ったのは、2000年。かれこれ20年近く前です。「クリスタルボウル」なんて聴いた事も見た事もない人が殆どだった頃に東京で出逢ったのですが、それから奈良で活動を始めるまでに7年間全くと言って良い程できず時機をひたすら待った事、活動を始めてからも息子たちの年齢や環境もあって亀の歩みだった事などお話させていただきました。

そういえば先日のレッスンでもそんな話になり、今月の上旬にも別の人とそんな話が。その人が教えてくれた、私を護ってくれている存在によると、その「年月をかけたという事が私にはとても重要なのだそうです。

終わった後、1階の喫茶スペースに龍神カードがあったので引いてみました。

やはりドンピシャ。今は確かに変化の時です。

未来のカードは一番欲しい言葉が書いてありました!

ちなみに、鶴身印刷所には、素敵なお店やアトリエが入っています。

自家焙煎の珈琲屋さん。日系ブラジル人の方がされているので本場です。

蝶ネクタイのデザイナー・あらいけんじさんのアトリエを見せて貰いました。

https://www.instagram.com/bowtie.specimens/

他にも個性豊かな、且つ心のこもったクリエイターが集まっています。ここはそういう場所の様です。何度も言いますが、氣がとても良いのですよね。

次回は8/25です。音の響きは勿論、あなた自身のハートや、細胞のふるえを感じてみたい方。からだも心もほどけてゆるみたい方。お待ちしていますね。