演奏会・イベント報告

3/6 京都での瞑奏会報告

またまた報告遅くなりましたが、先週の京都での瞑奏会から1週間経ってしまいました。もともと文章を書くのはあまり得意ではなく、というか全てに置いてかなりスローペースです。

京都の瞑奏会は、予想外の連続でした。

それもその筈、3/6という日は惑星が一挙に動いた日でもあったのですね。それを知って瞑奏会をこの日に決めた訳ではなく、偶然の事でした。

天王星が牡牛座へ入り(昨年5月に牡牛座へ移行したのですがその後逆行して牡羊座へ戻っていたのです)水星は逆行、そして次の日は新月でした。

いつもなら水星逆行なんてあまり氣にはしない方なのですが前日の夜から当日にかけて妙に予定外のオンパレードとなったのでした。体調不良でのキャンセルから始まり、同じく体調不良で参加が危ぶまれた方(この方は結果参加されて良かったとの事。安心しました)、久しぶりの方…16年秋に出雲大神宮での奉納演奏でお世話になった方との再会、そして当日電車に乗り遅れた上に駅員さんに間違った案内をされて大幅に遅れた方…。何とも慌ただしい展開でしたが、会場であるお寺のレンタルスペースは心地良い空間で、クリスタルボウルの音を寝ながら聴いていただくのにちょうど良い場所でした。

こうも激しく変動したのは、やはり天王星がサインを移動したというのもあるからでしょうか?勿論8年前の大震災に比べたらとても可愛いものですが。2月から体調のすぐれない方も多かったので、こういった面で表れていたのかもしれませんね。

写真を撮るのもすっかり忘れてしまってました。
(お客様が撮って下さったのを辛うじて使わせていただいてます)

京都では、毎月行っている三輪とはまた異なる空氣で、しかしこちらも和やかに心地良い時間を過ごせました。終了後はお客様に伏見の素敵なお店へ連れて行って貰いランチしました。

伏見にある「つむぎ」さん。

こちらは15年も前から自然食をされているそうで、当時としてはかなり先駆けだったのだと思います。店主さんは私より20歳も年上の60代の女性でしたがとてもさっぱりとした素敵な方で、ご自分のやる事に情熱と愛を注ぎ、また宇宙に応援されている。そんな生き様が垣間見えました。

この春綾部にもお店を出すとの事で、こちらはずっと思い続けていた事なのだそうです。

また、マクロビなどの自然食も、始めた当初はお客様になかなか理解してもらえず「美味しくない」「味が薄い」など言われ残された事も多かったそう。最初の7~8年はそうだった様です。しかし自分が信じる事を諦めずに続けていれば、いつしか理解者が現れて、道は開けるのだとお話を聞いて私も勇氣付けられた氣がしました。

とても素敵なお店で、有難かったです。

さて、瞑奏会ですが、定期的に続けたいと思い次回も予約を入れたところ、思いがけない事が起こりました。それは2日後の展開なのですが・・・また、はっきりしたらお知らせいたしますね。