自分らしく生きる

許せない自分を許す

7月に撮った、藤原京跡の蓮畑。
朝焼けの蓮を、撮りたくて、暗いうちから出かけました。

動画も撮っていたのですが、まとまった一人の時間が取れない夏休み中はなかなかできなくて。。
9月に入り、やっと音を入れました。

 

 

(声、マイクでやればよかったと後で氣付いた 汗)

録音も画像もスマホなので質的にはイマイチですが、そのうち一眼レフとちゃんとした機器揃えて撮ろうかしら?(誰かくれないかな…笑)

 

 

さて。
昨日の感情のお話の続きです。

 

どうしても、なかなか消えない感情ってありますよね。

 

 

「許せない」とか。

 

 

でも

誰かをどうしても許せない時は
許さなくていい。

まずは、許せない自分を、許してあげる事。
「許せない」は、傷ついた裏返しだから、傷ついた自分をケアしてあげるのです。
言い分を、ちゃんと聞いてあげる事。
「許せないんだね。それでいいよ」と、自分に言ってあげる事。

 

自分の内にある感情を許して、ちゃんと感じると、それは次第に無くなります。時間はかかっても、そのうち氣にならなくなるのです。

 

「認められたい」も同様です。
「認められたい」という氣持ちがあるならば
それを、素直に認めればいい。
駄目なんだと思わずに。
「認められたいんだね」って、内なるあなたに言ってあげて、わかってあげる。

 

まずは自分からなのです。
認めてほしい=満たされたい
意識を外に向け求めても、結局は満たされないのです。
内側から満たさなければ…

 

 

台風が過ぎたと思ったら
今度は未明に北海道の大地震。
今年は、天変地異とも呼べる自然災害が尋常無い程多いですね。

 

そして、日本だけでなく、海外でも水害など多発している様ですね。
もはや地球規模なのでしょう。
台風の停電では、キャンプ用品で乗り切った友人や知り合いが何人かいました。
(奈良南部では停電がかなり起こってた様で)
中には簡易自家発電装置を持ってた人もいて、かなり助かったそうです。
我が家は今回は影響少なかったですが、電氣についてもこれからは考えなくてはならないと感じましたね。
それぞれの家が、自家発電できる様な世の中に変わっていくのかもしれませんね。
電氣の供給も、自然に負担をかけない形に近づけば、、と思います。
「あるのが当たり前」となってしまった今の生活から目を醒ます様、ある意味促されてるだろうから。

 

台風と地震。
まずは被害の一刻も早い復旧を祈ります。