LotusMoon

体験レッスンとクリスタルボウルの奏で方

先週は、2組のお客様が体験レッスンにいらして下さいました。

一組目は、京都からいらしてくれた母娘さん。
大阪や京都、兵庫など県外から習いに来てくれる方は多いです。和歌山や滋賀、岡山から来られる方も。。
駅から歩いて行けない辺鄙な所ですが(なので送迎しています)遠いところをわざわざ来ていただいて、ありがたいです。

レッスンを申し込んでくれたのは娘さんで、最近クリスタルボウルを1個買ったとの事でした。サイトを見て一目惚れだったそうです。行動力ありますね!
ここで基本の奏で方を身につけられたら、お家で早速奏でられます。
ボウルの洗い方についてもお伝えしました。

 

その翌日体験レッスンを受けてくれたのは、ピアノやエレクトーンの講師をされている方でした。長年音楽をやっている事から、音に対する感覚がさすがにおありで、習得が早いです。
ピアノの他にもマクラメなどの講師をされているそうで、既に人の前に立ってらっしゃるからでしょうね。堂々としていらっしゃいます。
ライアーやガンクドラムなど他の倍音楽器も秋に集まる予定なんですって!凄い勢いですね!

 

 

体験レッスンでは、基本の奏で方をお伝えしてから、まずクリスタルボウルを奏でてみてもらいます。
ボウルによって奏でやすさ、淵の回しやすさなどそれぞれ個性がありますし、アルケミーボウルについては音のエネルギーも異なります。
皆さん、奏でるのが楽しくて飽きないとおっしゃいます。奏でながら自分が癒されている事を実感されます。
奏でている最中は、きっとセロトニンなどポジティブになれるホルモンも出ているのではないかと…^^

そして、ひとしきり奏でた後は、ボウルを1個奏でながら声を使ってチャクラ調整をしてみます。
その後、声を自由に出したり歌ってみながらボウルを奏でたりします。
時間に余裕がある時は、3個のボウルを自由に奏でてみてもらいます。
最後に、横に寝ていただいて「聴く」体験をしてもらいます。

 

寝て聞いていただく時は、演奏の並びです。
ボウルだけの写真が無かったので、私も入ってますが…(汗)

 

基本の奏で方は、クリスタルボウルの最も大切な部分です。
淵を叩く時、力が入り過ぎると音がきつくなってしまいます。
物理的には叩くのだけど、「叩く」つもりでやるとうまくいかないのです。

可能な限り、余分な力を抜くのがポイントです。
このあたりの力加減が最も難しいところです。

 

どんなにもその人特有の癖がありますから、毎回そこを修正していく事になります。
体験含め、初級を4回に分けているのはそのためでもあります。
レッスンから時間が経つと忘れてしまい、元の癖に戻ってしまうので、毎回修正しながら身につけていただく事を目的にしています。

 

そして、レッスンでは、声を使うのも特徴のひとつです。
何故なら、声を使うとクリスタルボウルの癒し効果が倍増するのです。

不思議ですよね♪
でも、声って、凄い可能性があるのですよ♪

 

ボウルが1個あるだけで、先程お話したチャクラ調整もそうですが、心と體(からだ)の健康、ひいては美容にもとても良い効果をもたらします。
なので、将来的には、クリスタルボウルがもっと普及して、お家で自分で自分のことを氣軽にケアできる人が増えると良いな、と思っています。

 

レッスン詳細はこちらです

あわせて読みたい
クリスタルボウルを奏でられる様になる…個人レッスンについてクリスタルボウルを奏でる事は、シンプルですがとても奥深いです。 まるで禅問答の様に、内観するかの様に 奏でる人の心と向き合うところが...