クリスタルボウル

クリスタルボウルの効果を信じる人とそうでない人

璃音(りね)です。

前回、クリスタルボウルの身体や心に及ぼす威力についてお伝えしました。この楽器は多くの人たちが抱える身体の辛さ・ストレスを改善するのに、大きく役立ってくれるだろうと。

 

あわせて読みたい
水晶の秘密~クリスタルボウルはなぜ身体と心を癒すのか?璃音(りね)です。 前回は、音に何故身体や心を癒す原理があるのかについて触れました。 https://lotusmoon.i...

 

しかし、これまでの経験で感じた事があります。
クリスタルボウルは、興味を持つ人とまるで興味を持たない人にはっきり分かれてしまうという傾向にあるという事です。

宝石の様に美しい見た目と、深くて神秘的な音色は、見ているだけで心が癒されますが、その半面、現実感に欠けて日常離れしていると思われるのかもしれません。

現代の日本では、便利なもの・説得力のあるものというのはどことなく機械的で無機質なものというイメージが沁みついています。科学的なもの、合理的なものが一番確かだといったところでしょうか。自然由来のものは、洗剤ひとつにしても、いまいち汚れが取れにくいとか。

それ故に、自然由来のものは害はないものの威力に欠けている様に感じられたり、美しいものは単なる観賞用という印象が世間的にあるのでしょう。化学物質や西洋医学が絶対と信じている人や、目に見えるものが全てと思う人には、どうも理解されにくい傾向にある様です。それどころか、まるで興味を持たず、最初から目に見えていないかの様に素通りする人もいます。

 

しかし、この世界は、目に見えない事・目に見えないものの方が圧倒的に多いのです。

例えば、心や精神、想い。言葉に表す事はできます。しかし言葉による表現も全てを表せるとは言えず、あくまで一部に過ぎません。

体調がすぐれないのに、病院で検査を受けても数値では表れず異常無しと言われる。そんな事もあります。

電波も見えないものです。

それ以外にも、見えないものは沢山存在しています。科学では立証できない事の方がはるかに多いのです。(もっとも今では、量子力学という最先端の物理学によって目に見えない粒子やその動きについても理解が進んでいます。)

 

 

心が疲れた時、人は一体何を求めるでしょうか?

 

例えば、朝日の神々しさ、夕焼けの美しさ。

月や星、木々や花の美しさ。

時折吹き抜ける心地良い風。

 

そんな、自然の中に身を置くこと。

自然に触れること。

 

 

そして、人のあたたかさに触れる事。

 

 

どんなに最先端の技術が浸透しても、最終的には、そこへ辿り着く。

わたし達人間も、地球から生まれた自然の産物です。

 

一巡して、ここへ戻る。

「還る」という感覚とも言えます。

 

 

クリスタルボウルの威力を受け入れられる人は、精神的な面や目に見えない分野を受け入れられる人という傾向がある様に思われます。

自然の偉大さをどこかで理解している人。心のどこか深いところで自分達も自然の一部とわかっていて、そのつながりを求めている人なのではないかと。

数字で証明できる事は、「確かなもの」と思え安心するのかもしれません。しかし、わたし達の安心するところは、突き詰めると結局は「確か」ではないところにあるのかもしれませんね。